トップ>敏感肌のスキンケア情報>敏感肌・乾燥肌のスキンケア>敏感肌・乾燥肌のメイクの基本

敏感肌・乾燥肌のメイクの基本

メイクも大切なスキンケアのひとつ。敏感肌・乾燥肌でメイクができないと不安に感じている方に、
スキンケアとしてのメイクの効果やおすすめのメイクをご紹介します。

敏感肌・乾燥肌だとメイクができない?

敏感肌や乾燥肌を気にする女性のイラスト

かさかさしている、白い粉がふいたようになっている、赤みがある・・・
こんなとき、メイクをしても大丈夫かな?メイクをするとお肌の調子が悪くなってしまうかな?、と不安な思いでメイクをしていたり、敏感肌や乾燥肌ではメイクができないと思っていたりしていませんか?

その一方で、こんなときこそお肌をきれいに見せたい、赤みを目立たなくしたい、と思うこともあるのではないでしょうか。乾燥や肌あれ、赤みといった肌トラブルが気になるときに、メイクをしてもよいのでしょうか。

メイクも大切なスキンケアのひとつ −メイクの敏感肌・乾燥肌をまもる効果−

洗顔や化粧水などによる保湿、日やけ止めによる遮光などのスキンケアは、お肌にとってよいことと思うけれど、メイクはお肌に負担をかけるものという印象があるかもしれません。
メイクには肌トラブルをカバーしてお肌を美しく見せる効果がありますが、それだけではありません。肌トラブルが気になるときに、肌状態がよくなるまでにはある程度の時間がかかりますが、メイクをすることで肌トラブルはすぐに目立たなくすることができます。お肌がきれいにみえることは、安心感や満足感など心理的によい効果があります。

さらにメイクには、肌トラブルの原因となる日中の紫外線や花粉、ほこり、乾燥などの刺激から敏感なお肌をまもる効果もあります。

メイクには、肌トラブルの原因となる日中の紫外線や花粉、ほこり、乾燥などの刺激から敏感なお肌をまもる効果があることを示すイラスト

紫外線(UV)カット効果のある化粧下地やファンデーションを使うことで、紫外線による影響からお肌をまもることができます。またメイクをすることで皮膚の上に化粧塗膜(メイクのベール)を作り、花粉やほこりなどが直接皮膚に付くことを防ぐことができます。

メイクアップ3つの機能(@肌悩みを自然にカバーする、A紫外線や乾燥などからお肌をまもる、B美しく魅力的に見せる)を示すイラスト

最近は適切なメイクはQOL(生活の質)の向上をもたらすことが示され、敏感肌やにきび肌など、トラブルが気になるお肌に対してスキンケアとしてのメイクをおこなうことも推奨されるようになってきました。
このようにメイクも大切なスキンケアのひとつです。

お肌にトラブルがあると、気持ちが沈みがちになったり、他人の目が気になってしまうこともありますね。敏感肌や乾燥肌にお悩みの方は、メイクを上手に取り入れて、お肌をまもりながら楽しい毎日を過ごしましょう。

敏感肌・乾燥肌のメイクで大切なこと

敏感肌は外部からの刺激を受けやすい状態ですので、メイクによって外部の刺激からお肌をまもることはとても大切なことです。一方で、メイクそのものが刺激の原因にならないように注意しましょう。

お肌へのやさしさと機能性を合わせ持った低刺激性のメイクアップ化粧品を選ぶのはもちろんのこと、使い方にも気を付けましょう。

敏感肌・乾燥肌のメイクで大切なこと
  • お肌に負担が少ない成分やつけ心地
  • 肌悩みをしっかりカバー
  • 紫外線や乾燥からお肌をまもる
  • 自然な仕上がり
  • お肌にやさしい正しいメイクアップ方法

敏感肌・乾燥肌のためのメイクアップ化粧品の選び方

では敏感肌や乾燥肌の方はどのようなメイクアップ化粧品を選んだらよいのでしょうか。
メイクアップ化粧品はベースメイクアップ化粧品とポイントメイクアップ化粧品に分けられます。

ベースメイクアップ化粧品

ベースメイクは顔全体の色みや質感をととのえ、肌悩みをカバーする役割があります。ベースメイクアップ化粧品には、化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダー(おしろい)などのアイテムがあります。

ベースメイクアップ化粧品である、化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダー(おしろい)の各アイテムのイラスト

敏感肌向けのメイクアップ化粧品は肌あれや赤み、乾燥といった敏感肌の方の肌悩みや肌状態を考えて作られています。パッチテスト済み、アレルギーテスト済みなどの表記を確認しましょう。化粧下地やファンデーションでは紫外線(UV)カット効果があることも大切です。

ポイントメイクアップ化粧品

ポイントメイクは顔に色みを与え、華やかな印象にととのえます。ポイントメイクアップ化粧品には、アイカラー(アイシャドウ)、チークカラー、アイブロウ、マスカラ、アイライナー、リップカラー(口紅)などのアイテムがあります。

ポイントメイクアップ化粧品である、アイカラー(アイシャドウ)、チークカラー、アイブロウ、マスカラ、アイライナー、リップカラー(口紅)の各アイテムのイラスト

ポイントメイクは、色みのある目もとや口もとに視線を集める効果があるため、敏感肌・乾燥肌の方にとっては、肌悩みから目線をそらす効果もある大切なものです。タール色素不使用など、お肌に負担が少ない成分のものを選び、上手に活用しましょう。

敏感肌・乾燥肌のためのメイクアップ化粧品の選び方のポイント
  • お肌に負担が少ない成分やつけ心地
    のばしやすさ、乾燥感のなさ、紫外線吸収剤不使用、タール色素不使用
  • 肌悩みをしっかりカバーできる高いカバー力
  • 自然な仕上がり
  • 紫外線(UV)カット効果
    SPF、PA
  • メイクアップの落としやすさ
  • 敏感肌を考えた商品テスト済み
    パッチテスト済み※1、アレルギーテスト済み※1、ノンコメドジェニックテスト済み※2
    ※1 すべての方に、アレルギーが起こらないわけではありません。
    ※2 すべての方に、にきびができないわけではありません。

敏感肌・乾燥肌におすすめのメイク

敏感肌・乾燥肌の方には、「肌トラブルをしっかり隠したい」という方と、「メイクはしたいけれど、お肌に負担をかけたくない」という方がいるのではないでしょうか。肌悩みの程度や求めるカバー力も人それぞれですので、ここでは特におすすめのベースメイクをご紹介します。

肌悩みをきちんとカバーしたい方は化粧下地とコンシーラーを活用

ファンデーションを使う前に化粧下地とコンシーラーで肌悩みをきちんとカバーしておくことで、厚塗りになることなく、きれいに仕上げることができます。

  • 化粧下地
    敏感肌の方はくすみやすかったり、つやを感じにくかったりします。お肌の色や質感の補正ができる化粧下地でお顔全体の肌悩みをカバーしましょう。
  • コンシーラー
    化粧下地でカバーしきれない部分に使用すると、肌悩みをきれいにカバーすることができます。

お肌に負担をかけたくない方は洗顔料で落とせるメイク

敏感肌・乾燥肌の状態によっては「メイクを落とすときもお肌に負担をかけたくない」という方もいらっしゃると思います。化粧下地やフェイスパウダーは剤型や配合成分の工夫によって、メイク落としを使わずに洗顔料(石けん)で落とせるものがあります。

フェイスパウダーには、肌色でナチュラルなカバー力があるタイプ、色がつかない自然な仕上がりのルーセントタイプ、つや感や立体感が出るタイプなどがありますので、理想の仕上がりに合わせて選ぶのも良いでしょう。

敏感肌・乾燥肌のメイクをきれいに仕上げるポイント

敏感肌・乾燥肌の方は、お肌が乾燥しやすい状態です。かさかさの状態のお肌にメイクをすると、よれたり、つきが悪くなったりしてしまいます。しっかりと保湿をおこなうことでメイクをより美しく仕上げることができます。スキンケアでお肌の状態をととのえてからメイクをおこなうようにしましょう。

(敏感肌・乾燥肌の保湿について、詳しくは「敏感肌・乾燥肌の保湿の基本」をご覧ください)

敏感肌・乾燥肌のメイクのまとめ

  • メイクを取り入れて敏感肌・乾燥肌をまもりましょう
    メイクをすることで、乾燥、紫外線、花粉などからお肌をまもることができます。またメイクで肌悩みをカバーすることは自分への自信となります。メイクを上手く取り入れて、敏感肌・乾燥肌をまもりながら楽しい毎日を過ごしましょう。
  • お好みの仕上がりに合わせてベースメイクを選びましょう
    肌悩みをきちんとカバーしたいときは化粧下地やコンシーラーを活用しましょう。お肌に負担をかけたくないときは洗顔料(石けん)で落とせるベースメイクアップ化粧品を選びましょう。
記事一覧を見る