トップ>敏感肌のスキンケア情報>敏感肌・乾燥肌のスキンケア>敏感肌・乾燥肌のファンデーション

敏感肌・乾燥肌のファンデーション

お肌の調子が悪いときや不安があるときにファンデーションを使ってよいか悩んでいませんか?
敏感肌・乾燥肌に合ったファンデーションの選び方や使い方のポイントについてご紹介します。

敏感肌・乾燥肌でもファンデーションを使ってもよいの?

お肌が敏感になっているときにファンデーションを使うことでお肌に負担をかけてしまうかもと不安に思っている女性のイラスト

お肌の調子が悪く、敏感になっているときにファンデーションを使うと、さらにお肌に負担をかけてしまうかも、でもメイクをしないわけにもいかないし・・・と不安な気持ちで使っていませんか?

敏感肌では皮膚のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激を受けやすくなっています。ファンデーションにはお肌の色むらや質感をととのえ、美しくみせることができるだけでなく、紫外線や乾燥、ほこり、外気の汚れなどの刺激からお肌をまもる効果もあります

リキッドやクリーム状のファンデーションをイメージした写真

メイクもスキンケアのひとつ。ベースメイクの代表アイテムともいえるファンデーションは、肌トラブルが起こりやすい敏感肌・乾燥肌にとって日中の刺激からお肌をまもってくれる強い味方でもあります。敏感肌・乾燥肌に合ったファンデーションを活用し、お肌をまもりながら気になる肌悩みをカバーし、メイクを楽しみましょう。

(敏感肌・乾燥肌のメイクについて、詳しくは「敏感肌・乾燥肌のメイクの基本」をご覧ください)

敏感肌・乾燥肌に最適なファンデーションの選び方のポイント

皮膚のバリア機能が低下しているため、少しの刺激にも反応し、肌あれしやすい敏感肌や乾燥肌。
気になる肌悩みをカバーしながら、お肌をまもるためのファンデーションがかえってお肌への刺激になってしまわないためにも、敏感肌向けに開発された低刺激性のファンデーションを選びましょう。

敏感肌・乾燥肌のファンデーションの選び方のポイント
  • お肌へのやさしさを考えた成分
    厳選された原料、顔料のコーティング、紫外線吸収剤不使用、無香料
  • 高いカバー力
  • 紫外線(UV)カット効果
    SPF、PA
  • 肌あたりのやさしいパフやスポンジ
  • 敏感肌を考えた商品テスト済み
    パッチテスト済み※1、アレルギーテスト済み※1、ノンコメドジェニックテスト済み※2
※1 すべての方に、アレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方に、にきびができないわけではありません。

敏感肌・乾燥肌の肌悩みに合わせたファンデーションの選び方

ファンデーションといっても様々な種類があります。それぞれの特長を知って、お肌に合ったファンデーションを選びましょう。

ファンデーションの種類

パウダー(パウダリー)状のファンデーションをイメージした写真

ファンデーションには粉体だけではなく、油分、水分などが配合されています。これらの配合比率の違いによって、ファンデーションはパウダー(パウダリー)ファンデーション、リキッドファンデーションなどいくつかの種類(剤型)に分けられます。
それぞれ使用感や特長に違いがありますので、お肌の状態や仕上がりの好みに合わせて選びましょう。

ファンデーションに配合される主な成分

  • 粉体
    ファンデーションの主な成分です。紫外線を防御したり、お肌の悩みをカバーしたり、均一なお肌の色にととのえるための顔料、なめらかな感触に使用感をととのえる粉末、皮脂を吸収してメイク崩れを防ぐパウダー、毛穴や凹凸を目立たなくするソフトフォーカス効果のある粉体などがあります。
  • 油性成分
    リキッドファンデーションやスティックファンデーションに配合されています。パウダー(パウダリー)ファンデーションのなかには油分を含まないオイルフリーのものもあります。
  • 保湿成分
    水性の成分としてヒアルロン酸、油性の保湿成分としてスクワランなどが配合されます。

ファンデーションの種類と特長

ファンデーションの種類と特長を示した図。リキッドファンデーション、クリームファンデーションは水分も配合できる乳液タイプやクリームタイプ。保湿効果が高く、ツヤ感のある仕上がり。パウダーファンデーション(パウダリーファンデーション)は、粉末を押し固めた固形タイプ。カバー力が高く、マットな仕上がり。スティックファンデーションは、スティック状に固めたタイプ。お肌に直接つけることができる

1本で美容液、日やけ止め、化粧下地、ファンデーションなどの役割を担う手軽さが人気のBBクリームもあります。ファンデーションとして取り入れてもよいですが、保湿のスキンケアもしっかりとおこないましょう。

乾燥が気になる方は保湿効果の高いリキッドファンデーション

リキッドファンデーションをイメージしたイラスト

お肌が乾燥しやすく、くすみやすい敏感肌の方には、保湿効果が高く、つや感を与えてくれるリキッドファンデーションがおすすめです。油分が配合されていますので、お肌からの水分の蒸発を抑え、日中のお肌の乾燥を防いでくれます。のびがよく、なめらかな感触のものを選びましょう。

パウダー(パウダリー)ファンデーションはパフで使いましょう

ケースにパフがセットされたパウダー(パウダリー)ファンデーションをイメージしたイラスト

パウダーファンデーションはリキッドファンデーションと比べるとさらっとした仕上がりで、カバー力が高く、携帯性にもすぐれていて化粧なおしがしやすいことが特長です。

敏感肌・乾燥肌の方がパウダーファンデーションを使うときのポイントはスポンジではなくパフで塗布することです。パウダーファンデーションをパフで?と思われるかもしれませんが、パフで軽く押さえるようにつけると、摩擦を軽減するため、お肌への負担が少なくなるだけでなく、お肌に均一に塗布できるので、簡単に美しく仕上げることができます。

パウダー(パウダリー)ファンデーションをスポンジで塗布した場合とパフで塗布した場合を比較した肌(皮膚)のイメージ図。スポンジの場合はお肌をこすりやすくムラづきしやすい。パフの場合は軽く抑えるように塗布することでお肌への負担が少なく均一に塗布できることを示している。

パフはお肌に触れるときに刺激にならないように肌あたりのやさしいものを選びましょう。大判パフだと大きな面積を一度に塗布することができるので、より簡単に均一に塗布することができます

特にお肌が敏感なときは化粧下地+フェイスパウダーを活用しましょう

化粧下地(下地)とフェイスパウダーをイメージしたイラスト

季節の変わり目や体調によって突然お肌の調子が悪化してしまうこともあるかもしれません。そのようなときはファンデーションやメイク落とし(クレンジング料)を負担に感じてしまうことも。だからといってメイクをしないわけにもいかないし・・・
こういったときには無理せずファンデーションをお休みし、メイク落とし(クレンジング料)を使わなくても洗顔料だけで落とせるメイクをしてみませんか。
ポイントは洗顔料(石けん)で落とせる化粧下地とフェイスパウダーを組み合わせること。ライトメイクでもお肌の悩みをカバーしたい、という場合にはお肌の悩みに合わせて化粧下地を選びましょう。

(敏感肌・乾燥肌におすすめの化粧下地について、詳しくは「敏感肌・乾燥肌のための化粧下地」をご覧ください。)

メイク道具も敏感肌向けのものを選びましょう

敏感肌におすすめのスポンジとパフをイメージした写真

ファンデーションを塗るときに使うスポンジやパフ。なんでもよいと思っていませんか?メイク道具の選び方や使い方が間違っているとお肌に負担をかけてしまうこともあります。

スポンジやパフにも様々な種類がありますが、敏感肌の方は肌あたりがやさしいものを選びましょう。肌あたりがやさしくてもこすってしまうのは禁物です。使い方にも注意しましょう。

ファンデーションの使い方のポイント

お肌に合ったファンデーションを選んだら、使い方にも注意して、よりお肌にやさしくファンデーションを使いましょう。

リキッドファンデーション
スポンジやブラシで顔全体を塗ると、お肌をこすってしまい、刺激になります。全体を塗るときは指でつけ、目もとや小鼻などの細かい部分にスポンジを活用しましょう。余分なファンデーションをスポンジで吸い取るような気持ちで、こすらないようにやさしくおさえるようにすると、ファンデーションがよれにくく、メイクのもちがよくなります。仕上げやメイク直しにはフェイスパウダーを使いましょう。

パウダーファンデーション

パウダー(パウダリー)ファンデーションを肌に塗布する女性のイラスト

パフを使うとお肌にもやさしく、また簡単にきれいに仕上げることができるので敏感肌の方におすすめです。肌あたりのよいパフやスポンジで置くようにやさしくつけましょう

メイク道具のお手入れも忘れずに

メイク道具は使っていくうちに、ファンデーションの残りなどによって汚れてしまいます。せっかく乾燥肌・敏感肌向けのファンデーションを選んでも、ファンデーションを塗布するときにお肌に直接触れるメイク道具が刺激になってしまっては本末転倒です。
汚れたパフやスポンジはファンデーションを均一に塗布しづらくなりメイクの仕上がりも悪くなるだけでなく、雑菌が繁殖し、肌状態の悪化につながることもあります

パフやスポンジは3日に一度を目安に洗いましょう。日かげでよく乾かして、ぬれたまま使用しないようにしましょう。何枚か予備を用意しておくことがおすすめです。

パフやスポンジの洗い方を示す写真。左からファンデーションがついたパフの写真、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で軽く押し洗いをしている写真。洗剤が残らないように十分にパフをすすいでいる写真。日陰でよく乾かした状態のパフの写真。

こまめにお手入れをすることで、雑菌の繁殖をおさえ、いつもメイクを美しく仕上げることができます。

敏感肌・乾燥肌のファンデーションのまとめ

  • お肌にやさしいファンデーションを選びましょう
    敏感肌・乾燥肌にとってファンデーションはお肌をまもってくれる強い味方です。お肌をまもるためのファンデーションがかえってお肌への刺激になってしまわないために、敏感肌向けに開発された低刺激性のファンデーションを選びましょう。
  • 使い方にも気をつけましょう
    リキッドファンデーションは指で、パウダーファンデーションはパフでつけましょう。
  • メイク道具もお肌にやさしいものを使いましょう
    ファンデーションをつけるときにお肌に刺激がないよう、使う道具の選び方や使い方にも気を付けましょう。メイク道具のお手入れもこまめにしましょう。
記事一覧を見る