スキンケア製品の使用方法

全身のスキンケア

−全身用洗浄剤−

全身用洗浄剤は、汗や皮脂などの分泌物や老廃物などの生理的な汚れ、ほこりや雑菌などお肌の表面に付着した汚れを落とすためのスキンケア製品です。
全身用洗浄剤は泡立てて使用します。充分に泡立てた洗浄剤を用いることで汚れが落ちやすくなり、またお肌への摩擦も少なくすることができます。全身用洗浄剤には固形タイプ、液体タイプ、泡状(泡で出てくる)タイプなどの種類があります。使用性や使用感の好み、お肌の状態などに合わせて選ぶとよいでしょう。

洗浄剤がきちんと役割を果たすためには、正しい使用方法、適当な使用量が大切です。誤った使用方法では、汚れを落とすという基本的な役割を充分に発揮できないだけでなく、かえってお肌にとって負担になることもあります。適切な洗浄をおこなうことで、お肌への刺激の原因を取り除くだけでなく、その後に使用する保湿剤なども効果的に使用することができます。

全身用洗浄剤の使用方法

全身用洗浄剤の使用方法
  1. ぬるま湯でお肌をぬらします。

  2. 泡立てた洗浄剤を用いて、手またはやわらかいタオルでやさしく洗います。

    • ナイロンタオルやスポンジは刺激になるので避けましょう。
  3. すすぎ残しのないよう、ぬるめのお湯で充分に洗い流します。

    • 洗浄剤が残っていないか最後に確認しましょう。
  4. 清潔なやわらかいタオルでやさしく水分を吸わせるように水気をふきとります。

    • こすらないように注意しましょう。

洗浄のポイント

  1. POINT1洗浄剤はよく泡立てていますか?

    よく泡立てることでお肌にやさしく汚れを落とすことができます。

    洗浄剤はよく泡立てていますか?
    • 泡状タイプの洗浄剤などをうまく活用しましょう。
  2. POINT2ナイロンタオルなどでごしごし洗っていませんか?

    ナイロンタオルで洗浄すると皮膚のバリア機能が低下し、あれて乾燥しやすくなります。

    ナイロンタオルなどでごしごし洗っていませんか?
    • ナイロンタオルやブラシ、あかすりなどは刺激になるので避けましょう。
  3. POINT3洗浄剤はよくすすいでいますか?

    洗浄剤のすすぎ残しは、肌トラブルの原因にもなります。わきの下や首のうしろなどのすすぎ残しに注意しましょう。

    • からだをふくときは水気をおさえるようにこすらずにふきとりましょう。
全身用保湿剤へ