遮光のスキンケア

紫外線からお肌をまもる

遮光によって紫外線からお肌をまもりましょう

「遮光」は紫外線などの太陽光線から皮膚をまもるためにおこなうスキンケアです。
紫外線は日やけをおこすだけでなく皮膚のバリア機能を低下させ、肌トラブルを引き起こしたり、お肌を乾燥させます。敏感肌や乾燥肌、にきび肌ではもともとバリア機能が低下しているため、紫外線による肌ダメージを受けやすい状態です。地上に届く紫外線は日やけによるダメージを与えるUV-B波(UVB)と、しみやハリ不足の原因になるUV-A波(UVA)に分けられます。

遮光によって紫外線からお肌をまもりましょう

紫外線の量は、時刻や季節、地域、天候、さらには地表の状態によっても大きく変わりますが、紫外線は一年中地表に降り注いでいます。年間を通じての紫外線対策が必要です。日やけ止め(サンスクリーン剤)を塗る遮光のスキンケアによって、紫外線(太陽光線)からお肌をまもることが大切です。

敏感肌のための日やけ止めとは

日やけ止めに配合される紫外線を防ぐ成分は主に「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類に分けられます。紫外線散乱剤は紫外線を物理的に反射、高屈折率で散乱させる無機化合物です。ノンケミカルとも呼ばれます。分子エネルギー的な変化が少ないため、皮膚に与える影響が少ないとされています。

敏感肌のための日やけ止めとは

敏感肌の方は紫外線散乱剤のみで作られた(紫外線吸収剤不使用)ものを選びましょう。さらにのびがよく塗布するときのお肌への負担が少ないことや、石けんやお湯でも落とせるような落としやすさまで考えられたものがおすすめです。

敏感肌のための日やけ止めに大切なこと

  • ・紫外線吸収剤が入っていないもの
    (紫外線吸収剤不使用)
    ・のびがよく塗るときの負担が少ないこと
    ・落としやすいこと(石けんやお湯でも落とせる)

日やけ止めを正しく使っていますか

日やけ止めの紫外線防御効果(遮光効果)は、UVB防御の指標としてSPF値(Sun Protection Factor、〜50+)が、UVA防御の指標としてPA値(Protection grade of UVA、+〜++++)が製品に記載されています。この数値は単位面積あたりの決められた量(2mg/cm2)を塗布したときの紫外線防御効果を示します。
一般的に実際に日やけ止めを塗布する量はこの規定量よりも少ないと言われており、遮光効果は表示されている数値よりも低くなってしまっていることがあります。製品に記載されている使用方法を参考に、適切な量を塗布することが大切です。特に日やけしやすい部分には重ね塗りをすると効果的です。必要に応じて塗りなおしもしましょう。

使用方法

正しいお手入れ方法でお肌にやさしいスキンケアをおこないましょう。

スキンケアとしてのメイクへ