スキンケア製品の使用方法

顔のスキンケア

−洗浄剤−

クレンジング料(メイク落とし)

クレンジング料は油性成分などによって汚れを溶出させてファンデーションなどのメイクアップ化粧品を落とすスキンケア製品です。メイク落としとも呼ばれます。メイクアップ化粧品に使用される顔料は、ウォータープルーフ性などを持たせるため、表面に水になじみにくい加工をしています。このため、水のみでは簡単に落とすことができず、クレンジング料が必要になります。クレンジング料にはクリームタイプ、リキッド(オイル)タイプ、ジェルタイプなどの種類があります。種類によってクレンジング力が異なるため、メイクアップの程度や落としたい汚れ、お肌の状態などに合わせて選ぶとよいでしょう。

クレンジング料がきちんと役割を果たすためには、正しい使用方法、適当な使用量が大切です。誤った使用方法では、汚れを落とすという基本的な役割を充分に発揮できないだけでなく、かえってお肌にとって負担になることもあります。例えば、クレンジング料の使用量が少ないとメイクアップ化粧品を落としきれないことに加え、手とお肌の間で摩擦が起こり、物理的な刺激になります。またリキッドタイプなどのクレンジング力の高いものでマッサージをするように長時間お肌の上でなじませてしまうと、お肌の保湿にとって大切な天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質などの成分まで落としてしまい、乾燥や皮膚のバリア機能の低下にもつながります。
適切なクレンジングをおこなうことで、きちんとメイクを落とせるだけでなく、お肌への負担も少なくすることができます。

クレンジング料(メイク落とし)の使用方法

  1. 乾いた手のひらにクレンジング料をとり、顔全体にのばします。

    乾いた手のひらにクレンジング料をとり、顔全体にのばします。
    • 手や顔がぬれているとメイクとのなじみが悪くなり、クレンジング力が落ちます。
    • 落としにくいアイメイクなどはあらかじめ専用のリムーバーなどで落としておきましょう。
  2. 頬や額の広い部分は、手のひら全体でゆっくりと円を描くように、メイクとなじませます。目もとや小鼻などは、指の腹を使ってやさしくメイクとなじませます。

    頬や額の広い部分は、手のひら全体でゆっくりと円を描くように、メイクとなじませます。目もとや小鼻などは、指の腹を使ってやさしくメイクとなじませます。
  3. メイクとなじんだら、ぬるま湯で洗い流します。

クレンジングのポイント

  1. POINT1 洗顔する前に準備をしましょう。

    洗顔する前に準備をしましょう。
  2. POINT2 ダブル洗顔(クレンジング料+洗顔料)をしていますか?

    ダブル洗顔(クレンジング料+洗顔料)をしていますか?
  3. POINT3 メイクとクレンジング料はよくなじませましょう

    メイクとクレンジング料はよくなじませましょう
    • クレンジング料が少ないと、メイクとよくなじませることができません。なじませる時にお肌がこすれる感じがしたら、クレンジング料を多めにとりましょう。
    • クレンジング料を丁寧になじませることでメイクをしっかりと落とすことができます。クレンジング料が肌色になるまでなじませましょう。
    • おおよそ1分間がクレンジングの目安です。

洗顔料

洗顔料は、汗や皮脂などの分泌物や老廃物などの生理的な汚れ、ほこりなどお肌の表面に付着した汚れを落とすためのスキンケア製品です。また洗い残ったクレンジング料や軽いメイクアップなども洗顔料で落とします。
洗顔料は泡立てて使用します。充分に泡立てた洗顔料を用いることで汚れが落ちやすくなり、またお肌への摩擦も少なくすることができます。洗顔料にはクリーム(フォーム)タイプ、固形タイプ、泡状(泡で出てくる)タイプ、などの種類があります。機能や使用性、使用感の好みやお肌の状態などに合わせて選ぶとよいでしょう。

洗顔料がきちんと役割を果たすためには、正しい使用方法、適当な使用量が大切です。誤った使用方法では、汚れを落とすという基本的な役割を充分に発揮できないだけでなく、かえってお肌にとって負担になることもあります。適切な洗顔をおこなうことで、お肌への刺激の原因を取り除くだけでなく、その後に使用する保湿剤なども効果的に使用することができます。

洗顔料の使用方法

  1. ぬるま湯で手と顔を軽く洗います。

  2. 適量を手のひらにとり、ぬるま湯を加えながらしっかり泡立てます。泡立てが難しい場合には、泡立てネットを活用しましょう。泡で出てくるポンプタイプの洗顔料もおすすめです。

    適量を手のひらにとり、ぬるま湯を加えながらしっかり泡立てます。泡立てが難しい場合には、泡立てネットを活用しましょう。泡で出てくるポンプタイプの洗顔料もおすすめです。
    適量を手のひらにとり、ぬるま湯を加えながらしっかり泡立てます。泡立てが難しい場合には、泡立てネットを活用しましょう。泡で出てくるポンプタイプの洗顔料もおすすめです。
  3. 泡で顔を包み込むように、やさしく洗います。
    こすったり、ごしごし洗ったりしないようにしましょう。
    皮脂の多い額や小鼻から洗いはじめ、乾燥しやすい頬や目もと・口もとは泡をやさしくのばし、こすらず洗います。耳の前、口のまわり、あごのまわりなども忘れずに洗います。

  4. ぬるま湯でていねいにすすぎます。
    洗顔料が残っていないか最後に確認しましょう。

    ぬるま湯でていねいにすすぎます。洗顔料が残っていないか最後に確認しましょう。
  5. 清潔なやわらかいタオルでやさしく顔をおさえ、水分を吸わせるように水気をふきとります。
    ごしごしこすらないよう注意しましょう。

洗顔のポイント

  1. POINT1 洗顔料はよく泡立てていますか?

    洗顔料はよく泡立てていますか?
    洗顔料はよく泡立てていますか?
  2. POINT2 お肌をこすったり、ごしごし洗っていませんか?

    泡のクッションで、手と顔が直接あたらないように洗いましょう。

  3. POINT3 あついお湯ですすいでいませんか?

    あついお湯ですすいでいませんか?
保湿(化粧水・美容液・乳液・クリーム)へ