トップ>敏感肌のスキンケア情報>にきび肌のスキンケア>にきび肌の洗浄(クレンジング、洗顔)の基本

にきび肌の洗浄(クレンジング、洗顔)
の基本

にきび肌に合ったクレンジング料(メイク落とし)・洗顔料の選び方、スキンケアの方法など、洗浄のスキンケアで大切なことについてご紹介します。

にきび肌のためのスキンケアとは

にきび(ニキビ)は中学生や高校生から急に増え始めることから思春期のシンボルとも言われますが、20代・30代でもにきびや吹き出物で悩む方は多くいます。思春期後のにきびは、大人にきびと表現されることもあり、にきび以外にもにきび痕や毛穴の目立ち、乾燥などといった複数の肌悩みも持つ傾向にあります。

にきびは皮脂の分泌の多い思春期に経験することが多いことから、皮脂が原因と思われがちですが、過剰な皮脂分泌だけが原因ではありません。年齢・ホルモンバランス・ストレス・食生活や睡眠などの生活習慣の乱れ・間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が複雑にお肌に影響を与えます。これらの要因によってお肌のターンオーバーが乱れ、古い角質や過剰に分泌された皮脂などで毛穴がつまることによってはじまります。
(にきびの原因について、詳しくは「にきび肌のスキンケアで大切なこと」をご覧ください)

にきび肌のスキンケアでは、にきびのできにくい肌環境にととのえることが大切です。お肌を清潔に保ち、にきび肌に適したうるおいを補給し、毛穴のつまりを防ぎましょう。

スキンケアの基本はお肌を清潔にし(洗浄)、うるおいを与え(保湿)、紫外線からまもり(遮光)、美しくよそおう(メイク)ことです。基本をしっかりおこなうことで、皮膚を健康で正常な状態に保つことができます。

スキンケアの基本

  • 洗浄(お肌を清潔に保つ。汗や皮脂、ほこりなどお肌についた汚れをきれに洗い流す。
    お肌を
    清潔に保つ
    汗や皮脂、ほこりなどお肌についた汚れをきれいに洗い流す。
  • 保湿(乾燥や刺激からお肌をまもる。水分と油分のバランスをととのえ、うるおいのある健康な状態を保つ。
    乾燥や刺激から
    お肌をまもる
    水分と油分のバランスをととのえ、うるおいのある健康な状態を保つ。
  • 遮光(紫外線からお肌をまもる。紫外線をしっかりカットし、日やけによるダメージからお肌をまもる。
    紫外線から
    お肌をまもる
    紫外線をしっかりカットし、日やけによるダメージからお肌をまもる。
  • メイク(お肌をまもり美しくよそおう。紫外線や乾燥からお肌をまもる。さまざまな肌悩みをやさしくカバーし、美しく魅力的な印象に導く。
    お肌をまもり
    美しくよそおう
    紫外線や乾燥からお肌をまもる。さまざまな肌悩みをやさしくカバーし、美しく魅力的な印象に導く。

洗浄:クレンジング料(メイク落とし)、洗顔料(石けん)
保湿:化粧水、ジェル、乳液、クリームなど
遮光:サンスクリーン剤(日やけ止め)
メイク:化粧下地、ファンデーション、アイカラー、口紅など

クレンジング料(メイク落とし)や洗顔料による洗浄のスキンケアは、にきびの原因となるお肌の汚れを落とすことができますが、皮脂をとりすぎたり、にきびをこすってつぶしてしまうなど物理的な刺激を与えたりすると、皮膚のバリア機能低下の原因となってしまいます。にきびを悪化させないよう、適切なクレンジング料や洗顔料を選び、正しいスキンケアをおこなうことが大切です。

にきび肌のための洗浄のスキンケアとは

にきび肌を予防もしくは改善するためには、にきびの原因となる3つの因子「アクネ菌」「皮脂」「毛穴のつまり」にアプローチし、にきびのできにくい肌環境にととのえることが大切です。
(にきびの原因となる3つの因子について、詳しくは「にきび肌のスキンケアで大切なこと」をご覧ください)

にきびの原因となる3つの因子にアプローチするためには、まずお肌の汚れを落とし清潔に保つ洗浄(クレンジング・洗顔)のスキンケアが大切です。過剰な皮脂やお肌に長時間残ったままのメイクなどは、酸化して刺激となりにきびが悪化してしまう原因にもなります。にきび肌に適したクレンジング料や洗顔料を選択し、お肌を清潔に保つことが、にきび肌のスキンケアの第一歩です。

にきび肌だからといって洗浄力の高い洗顔料で過剰に皮脂をとりすぎたり、こすってにきびをつぶし物理的な刺激を与えたりすると、皮膚のバリア機能低下の原因となってしまいます。まずはお肌に負担をかけないスキンケアで皮膚のバリア機能をおぎない、にきびになりにくい肌環境をととのえましょう。

にきび肌に合った洗浄剤の選び方

にきび肌の方は、にきび肌向けに開発されたクレンジング料・洗顔料を選びましょう。にきび肌用、アクネケアなどと紹介されています。これらの化粧品では開発段階でにきびのもとになりにくいことを確認する「ノンコメドジェニックテスト」がおこなわれており、さらに、にきび肌の方が実際に使用して肌トラブルが起きないかどうかを確認する使用テストがおこなわれています。「ノンコメドジェニックテスト済み」という表記があるか確認しましょう。また低刺激性のものを選ぶことも大切です。パッチテスト済み、アレルギーテスト済みなどの表記も参考にしましょう。

また、にきびの原因となる3つの因子にアプローチするかどうかも大切なポイントです。

  • アクネ菌対策
    アクネ菌は皮脂を栄養源にしていますので、クレンジングや洗顔によって余分な皮脂や汚れを取りのぞき、お肌を清潔に保つことが大切です。またアクネ菌は皮脂だけでなく化粧品に含まれる油分も栄養源として取り入れます。油分が多いオイルクレンジングを使用してにきびができた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。この点を考慮してにきび肌用の化粧品はオイルフリーのものが多くなっています。オイルフリーであることは、アクネ菌の栄養源になる油分が配合されていないので、にきび肌の方は選ぶときの参考にするとよいでしょう。一方で、オイルフリーでないからといって、にきび肌の方に適さないわけではありません。ノンコメドジェニックテスト済みと記載があるものは、にきびができにくいことを確認していますので、にきび肌の方は選ぶときの参考にしましょう。さらに、にきび肌用に開発された化粧品のなかにはアクネ菌の栄養源にならない油性成分や保湿成分を選択しているものもあります。

    またアクネ菌が増えにくいpHであることもポイントです。弱酸性と記載してあるものは、アクネ菌が増えにくいpH設定になっていると言えます。

    にきび肌用化粧品には有効成分として抗菌成分や殺菌成分が配合されているものがあります。低刺激性などと商品に記載されているものを選択しましょう。
  • 皮脂対策
    皮脂はお肌から水分が蒸発することを防ぐ役割がありますので、お肌にとって必要なものです。一方で過剰な皮脂はアクネ菌の栄養源になり、また紫外線などによってにきびの悪化の原因にもなります。皮脂を取りすぎず、にきびの原因になる余分な皮脂や汚れを落とす適度な洗浄力の洗顔料を選びましょう。
  • 角質&毛穴対策
    にきびのはじまりは毛穴のつまりです。洗顔は過剰な皮脂を落とすだけでなく、毛穴のつまりや黒ずみの原因となる古い角質も取りのぞいてくれます。毛穴のつまりを考慮した成分を選択し、製品そのものがにきびのもとになりにくいことを確認したノンコメドジェニックテスト済みのものを選びましょう。

にきび肌用スキンケアの選び方のポイント

・「ノンコメドジェニックテスト済み」表記のある低刺激性の化粧品
・にきびの原因となる3つの因子にアプローチする

  1. アプローチ 1 アクネ菌対策

    • アクネ菌の栄養源になりにくい成分を考慮
    • アクネ菌が増えにくいpHに調節
    • 穏やかな作用の抗菌成分(有効成分)を配合
  2. アプローチ 2 皮脂対策

    • 余分な皮脂や汚れを落とす適度な洗浄力でお肌を清潔に保つ
    • お肌のうるおいのバランスをととのえ、てかりやべたつきをおさえる
  3. アプローチ 3 角質&毛穴対策

    • 毛穴のつまりを考慮した成分を使用
    • 適度な保湿でやわらかくなめらかなお肌にととのえる

にきび肌用のクレンジング料や洗顔料は、ドラッグストアだけではなく皮膚科をはじめとした医療機関や薬局などでも販売されています。現在医療機関におかかりの方は、担当の医師ともスキンケアについてご相談されることをおすすめします。

男性の場合はメンズ化粧品も市販されていますが、化粧品は年齢や性別に限らずお使いいただいて問題はありませんので、メンズ用に限らずお肌に合う洗浄剤を選びましょう。

どんな化粧品も必ずにきびができないとは言い切れません。まずはサンプルやテスター、トライアルセットなどでお肌に合うかどうかを試してから使いはじめましょう。最近は雑誌やインターネット上でさまざまな情報が得られますが、口コミや人気ランキングだけで選ぶのではなく、ご自身のお肌に合う洗浄剤を使うようにしましょう。お肌に合ったスキンケア化粧品を選んだら、正しいスキンケア方法をおこなって、にきびのできにくい肌環境にととのえていきましょう。

にきび肌におすすめの洗浄剤

にきび肌を予防もしくは改善するための第一歩として、洗浄のスキンケアでにきびの原因となる3つの因子にアプローチし、にきびのできにくい肌環境にととのえましょう。お肌に負担をかけずに使える成分や使用感の洗浄剤を選ぶことも大切です。ここでは、にきび肌の方におすすめのクレンジング料、洗顔料をご紹介します。

にきび肌におすすめのクレンジング料(メイク落とし)

にきび肌では、肌表面や毛穴に残った皮脂やメイクアップ化粧品が刺激となってにきびが悪化してしまうことがあります。メイクアップをした時はきちんとクレンジングをすることが大切です。クレンジングの際に必要以上にお肌をこすってしまうと摩擦によってにきびが悪化するおそれがあります。にきび肌の方は、メイクアップやお肌の汚れをきちんと落としながらも、できるだけお肌をこすらずに使えるクレンジング料を選びましょう。ノンコメドジェニックテスト済みで、アクネ菌の栄養源になりにくい成分を使用しているものがおすすめです。

クレンジング料にはオイル(リキッド)タイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど、さまざまな種類があります。

  • オイル(リキッド)タイプ(クレンジングオイル、クレンジングリキッド)
    オイル(リキッド)タイプのクレンジング料は、油性成分が多く配合されているためクレンジング力が高く、すばやくメイクとなじんで落とすことができます。高いクレンジング力があるため、きめの奥に入り込んだメイク汚れだけでなく、毛穴の黒ずみ、角栓を落とす効果に優れています。
    配合されている油分(オイル)の種類によってはにきびができてしまうこともありますが、にきび肌用に開発されたクレンジングオイル(リキッド)のなかにはアクネ菌の栄養源になりにくい油性成分を選択した製品もあります。ノンコメドジェニックテスト済みと記載があるものを選ぶことがポイントです。
  • ジェルタイプ(クレンジングジェル)
    ジェルタイプのクレンジング料は、ジェル独特の弾力性がクッションの役割を果たすので、摩擦によるお肌への負担を軽減することができます。クレンジングジェルには水性タイプと油性タイプの2種類があります。水性タイプはオイルフリーのものが多くなっています。
  • クリームタイプ(クレンジングクリーム)
    クリームタイプのクレンジング料は、適度なクレンジング力と洗い上がりのしっとり感が特長です。クリームの油分とメイクの油分をうまくなじませる必要があるため、お肌のこすり過ぎには注意が必要です。
  • ミルクタイプ(クレンジングミルク)
    ミルクタイプのクレンジング料は、とろみのある使用感のものが多いですが、クリームタイプやジェルタイプと比較するとクッション性は低くなります。油性成分の配合量はクリームタイプやオイルタイプよりも少なく、クレンジング力は一般的に低めです。
  • 拭き取りローションタイプ(クレンジングウォーター)、シートタイプ
    拭き取りローションタイプは水分がベースのクレンジング料で、界面活性剤によってメイク汚れを落とします。クレンジングウォーターとも呼ばれます。サラサラとしたテクスチャの液状で、コットンに含浸させて拭き取るものが主流です。シートタイプのクレンジング料もこの中に分類されます。手軽に落とせるため人気がありますが、拭き取る行為が物理的な刺激になるので、にきび肌の方は注意が必要です。

にきび肌の方は、毛穴のつまりや黒ずみまでしっかり落とすことができるオイル(リキッド)タイプ、お肌の乾燥が気になる場合は、適度なクレンジング力でうるおいを保ちながらメイク汚れをきちんと落とすことができるジェルタイプがおすすめです。

にきび肌におすすめの洗顔料

にきび肌では、毛穴の汚れをきちんと落とすだけでなく、お肌へのやさしさを考えた洗浄成分で、細胞間脂質などの皮膚にとって大切な成分は落とさないような洗顔料を選ぶことが大切です。また充分に泡立てた洗顔料を用いることで汚れが落ちやすくなり、お肌への摩擦も少なくすることができます。にきび肌の方は、皮脂を取りすぎない適度な洗浄力をもち、泡立ちのよい洗顔料を選びましょう。ノンコメドジェニックテスト済みで、アクネ菌の栄養源になりにくい成分を使用しているものがおすすめです。

洗顔料にはクリーム(フォーム)タイプ、固形石けんタイプ、パウダータイプ、泡状(泡で出てくる)タイプなどの種類があります。クリーム(フォーム)タイプの洗顔料は、泡立てやすく、使いやすいのが特長です。固形石けんタイプの洗顔料は、洗浄成分の配合量が多いため、泡立ちがよく、さっぱりとした洗い上がりのものが多くなります。泡状(泡で出てくる)タイプの洗顔料は、容器から泡で出てくるため、泡立ての必要がありません。パウダータイプはきちんと泡立てないとパウダー自体が物理的な刺激になることもありますので、注意しましょう。

にきび肌におすすめの成分

にきび肌用のクレンジング料や洗顔料には、にきびの原因を考慮したさまざまな成分が配合されています。にきびが気になる方におすすめの成分をご紹介します。

  • 抗菌成分
    にきび肌用のスキンケアには、医薬部外品の有効成分として抗菌成分や殺菌成分が配合されているものがあります。感光素201号やサリチル酸などがあげられます。
  • 抗炎症成分
    グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸ステアリル、アラントインには抗炎症作用があり、にきびや肌あれ、炎症をおさえるはたらきがあります。
  • グリコール酸、サリチル酸
    グリコール酸(AHA;α−ヒドロキシ酸、フルーツ酸)や、サリチル酸(BHA;β−ヒドロキシ酸)にはやわらかなお肌にととのえる作用があります。これらが配合された洗顔料には、毛穴のつまり・黒ずみなどを取りのぞくマイルドピーリング作用があり、やわらかくなめらかなお肌にととのえますので、お肌の状態を見ながら上手に取り入れましょう。
  • ビタミン類
    ビタミンB(リボフラビン)は皮脂の分泌を抑制し、お肌のうるおいバランスをととのえます。ビタミンEには抗酸化作用があるため、皮脂の酸化を防ぐはたらきがあります。

にきび肌の方が気をつけたい成分

にきび肌の方は気をつけたい成分もあります。

クレイ洗顔や酵素洗顔がにきびに効くとも言われていますが、中には吸着力が強い成分や、タンパク質や皮脂の分解力が強い成分が含まれていることがあります。これらの成分がかえってお肌への負担になる場合がありますので、お肌の状態に合わせて気をつけて使いましょう。またざらざらとした粒子で汚れや皮脂、角質を取りのぞくスクラブ洗顔も、にきびに物理的な刺激を与える可能性が高いので注意が必要です。

  • オーガニック
    オーガニックや無添加、自然派といった言葉はお肌にやさしいイメージがあり、敏感肌やにきび肌向けと思われることもあります。オーガニックは有機物という意味であるため化粧品の場合多くが有機栽培された植物由来の成分(植物エキス)を配合しています。また無添加化粧品、自然派化粧品には基準や定義がなく、各メーカーやブランド、商品ごとに意味合いが異なります。自然派化粧品については、自然由来のものを主な成分として配合している化粧品が多いようです。いずれの場合もイメージに左右されずに、その化粧品が自分自身に合っているかどうかをきちんと確認し、判断することが必要です。
  • 香料
    化粧品に香りを付与するために配合される成分の総称です。そのため複数の成分が混合されている場合や具体的な成分が把握できない場合もあります。皮膚のバリア機能が低下している敏感肌やにきび肌の方では刺激となる可能性もあるため注意しましょう。
  • 鉱物油
    代表的な成分にはワセリンやミネラルオイルなどがあります。以前は精製度の低い鉱物油が化粧品に配合されていたため、不純物がお肌に悪影響を与えることが問題となっていました。現在では精製度の高い成分のみが採用されています。

お肌に合わない成分がわかっている場合には、化粧品の箱や容器に書かれた全成分表示を確認しましょう。化粧品はさまざまな成分の組み合わせでできていますので、特定の成分が配合されている、または配合されていない、から必ず良いもしくは悪いとも言えません。表記される言葉のイメージのみで成分を判断したり、特定の成分を理由もなく避けるのではなく、自分自身のお肌に合った化粧品を選びましょう。にきび肌の方はまずはサンプルやテスター、トライアルセットなどでお肌に合うか確認しましょう。

にきび肌の洗浄のスキンケア方法

スキンケアによってにきび肌を改善するためには、お肌に合ったスキンケア化粧品を選ぶことはもちろんのこと、正しいスキンケアをおこなうことが大切です。
クレンジング料や洗顔料がきちんと役割を果たすためには、正しい使用方法、適当な使用量が大切です。間違った使用方法ではお肌の汚れをきちんと落とすことができないだけでなく、にきびの悪化の原因になります。

ここからはにきび肌に合った洗浄のスキンケア方法について、クレンジング、洗顔のポイントをご紹介します。

  • 1日2回を基本にきちんと洗顔しましょう
    洗顔をしなかったり水洗顔で済ませていたりすると、お肌の皮脂や汚れを充分に落としきれず、にきびの悪化の原因になります。またにきびが気になるからといって頻繁に洗顔をすると、お肌に必要な皮脂やセラミド、NMF(天然保湿因子)まで流してしまい、かえってお肌にとって負担になることもあります。にきび肌に適した洗顔料を選択し、回数は1日2回を基本にして洗顔しましょう。
    洗顔後は、保湿剤を忘れずに塗布しましょう。
  • 使用量をまもりましょう
    使用量が少ないと、汚れをしっかり落とすことができないだけでなく、お肌への負担にもなります。製品に記載された使用量をまもりましょう。
  • よく泡立てた洗顔料でやさしく洗いましょう
    よく泡立てた泡で洗顔することによってお肌にやさしく汚れを落とすことができます。泡のクッションで手と顔が直接あたらないように洗いましょう。
    泡立てが苦手な方は、泡立てネットを使うと簡単にきめの細かい泡を立てることができます。
    にきびをつぶしたりごしごし洗ったりすると、にきび痕の原因にもなりますので気をつけましょう。また洗顔ブラシなどはお肌への刺激になりますので、手でやさしく洗いましょう。
  • 泡立ての例を示した写真。1枚目は弾力のある細かい泡が手の平に乗っている写真(良い例)。2枚目・3枚目は泡立て不足で手の平に弾力がない泡が乗っている写真(悪い例)
  • ぬるま湯でていねいにすすぎましょう
    あついお湯ですすぐと、お肌をより乾燥させてしまいます。すすぎはぬるま湯でおこないましょう。
    ぬるま湯でも充分に皮脂や汚れを落とすことができます。
  • ぬるま湯(35℃)とお湯(42℃)ですすぎをした場合の、洗顔後の経過時間に対する水分量比を示したグラフ。35℃のぬるま湯ですすいだ場合の方が、洗顔後の水分量が保たれている。
  • やさしくふきとりましょう
    清潔なやわらかいタオルでやさしく顔をおさえ、水分を吸わせるように水気をとります。ごしごしこすらないようにしましょう。

にきびが治ったあとのスキンケア

にきびが治ったあとのスキンケア化粧品はどのように選んでいますか?にきび肌用スキンケアはにきびができているときしか使わない方も多いのではないでしょうか。にきびケアに対する考え方の調査では、にきびができにくい肌を作ることが重要と考えている方が多いにも関わらず、半数以上の方がにきびの症状が治まったら一般の化粧品を使いたいと思っているという結果が出ています。

にきびケアに対する考え方の調査結果データをグラフで表した図。

にきび肌用スキンケアは、使い続けることで、にきびができにくい肌環境にととのえることができます。にきびが気になるときだけでなく継続的に使い続けることが大切です。

大人のにきび肌では、毛穴のつまり、しみ、てかりなどのその他の肌悩みも気になりやすくなっています。

大人のにきび肌では、にきびだけでなくその他の肌悩みが大きいことを示す女性のイラスト。

このような大人のにきび肌のために、にきびだけでなくその他の肌悩みの両方に同時にアプローチするにきび肌用スキンケアもあります。上手に取り入れて、にきびを予防しながら透明感のあるなめらかで美しいお肌を目指しましょう。

にきび肌の洗浄のスキンケアのまとめ

  • にきび肌向けに開発されたクレンジング料、洗顔料を選びましょう
    使用するスキンケア化粧品がにきびの原因にならないように、にきびのもとになりにくいことを確認したノンコメドジェニックテスト済みの化粧品を選びましょう。これらの化粧品では開発段階でにきび肌に影響を与えないか確認がされており、さらににきび肌の方が実際に使用する使用テストがおこなわれていることも多くあります。
  • にきびの原因となる3つの因子にアプローチする化粧品を選びましょう
    にきびの原因となるアクネ菌・皮脂・毛穴のつまりを考慮した化粧品を選びましょう。
  • お肌に合うかチェックしましょう
    お肌の状態は人それぞれです。本格的に使い始める前に、サンプルやテスター、トライアルセットなどで自分のお肌に合うかどうかを試してみることをおすすめします。
  • 正しく使いましょう
    どんな化粧品も自己流の使い方ではせっかくの効果が充分得られないこともあります。使用する手順や使用量など説明書をよく読んで正しい使い方をまもることが大切です。
  • にきびが治ったあともにきび肌用スキンケアを使いましょう
    にきび肌用スキンケアは継続的に使用し、にきびができにくい肌環境にととのえましょう。
記事一覧を見る