敏感肌のクレンジング方法

 

敏感肌のクレンジング方法

メイクアップを楽しんだあとは、洗顔の前にクレンジング料で
メイクを落としましょう。(ダブル洗顔)
正しい使い方でメイク汚れをきちんと落とすことで、
すこやかなお肌を保つことにもつながります。
ここからはお肌にやさしく汚れをしっかり落とす
クレンジング方法をご紹介します。

スキンケア 研究所 クレンジング編

TOPICS@ クレンジングのポイント

ダブル洗顔(クレンジング+洗顔)をしましょう

ファンデーションは洗顔料だけでは落とすことができません。メイクをした時は、洗顔の前にクレンジング料でメイクを落としましょう(ダブル洗顔)。

ダブル洗顔(クレンジング+洗顔)をしましょう

クレンジングをする前に準備をしましょう

汚れた手でお肌に触ると、さまざまなトラブルの原因になります。洗顔に限らず、自宅でスキンケアをする際は先に手を洗うことを習慣化するようにしましょう。
また髪の毛が邪魔にならないようにすっきりとまとめ、肌あたりのよい清潔なやわらかいフェイスタオルを用意しておきましょう。

クレンジングをする前に準備をしましょう

適量を使いましょう

クレンジング料の使用量が少ないと、メイクとよくなじませることができないだけでなく、お肌をこすってしまうことでお肌への摩擦が大きくなります。商品に記載されている量を使用しましょう。クリームタイプの場合はさくらんぼ粒大が目安です。なじませる時にお肌がこすれる感じがしたら、クレンジング料を多めにとりましょう

よくなじませましょう

敏感肌におすすめのクリームタイプのクレンジングは、転相によってメイクを浮き上がらせることでクレンジング力を発揮します。クリームの白さがなくなって肌色になり、なじませる手の動きが軽くなった時が転相の目安です。

よくなじませましょう

ぬるま湯ですすぎましょう

熱いお湯ですすいだり、シャワーを直接顔に当てたりしていませんか?熱いお湯ですすぐと必要以上に皮脂をとりすぎてしまい、乾燥につながります。すすぎの適温は熱くもなく冷たくも感じない温度で35℃くらいが目安です。

ポイントメイクは先に落としておきましょう

アイメイク、口紅などのポイントメイクはパール粒1コ分のクレンジング料をやさしくなじませて落とします。
マスカラやアイライナーは被膜形成剤などが配合されて落ちにくいものもあります。無理に落とそうとこすったりすると刺激になりますので、専用のポイントメイクリムーバーなど、商品に記載された方法で落としましょう。

TOPICSA 敏感肌・乾燥肌のクレンジング方法

前述でクレンジングのポイントについてご紹介しました。次に実際のクレンジングの手順をご紹介します。

1.乾いた手に適量のクレンジングをとり、顔全体にやさしくのばします。手がぬれているとメイクとのなじみが悪くなり、クレンジング力が落ちます。

2.ほほや額の広い部分は、手のひら全体でゆっくり円を描くようにメイクとなじませます。目もとや小鼻などは、指の腹を使って、やさしくメイクとなじませます。おおよそ1分間がなじませる目安です。

敏感肌・乾燥肌のクレンジング方法

クリームタイプのクレンジング料の場合、メイクとなじむまでは重たい感じがあると思いますが、クリームの白さがなくなって肌色になり、なじませる手の動きが軽くなったらメイクとなじんだ合図です(転相)。

3.メイクとなじんだら、ぬるま湯で洗い流します。

4.クレンジング後は洗顔料をつかって、残ったクレンジング料や皮脂などを落とします。

敏感肌・乾燥肌のクレンジングのまとめ

敏感肌・乾燥肌の方のクレンジング料選びのポイントや使い方をご紹介しました。ポイントをまとめると以下のとおりです。

・敏感肌・乾燥肌向けに開発された化粧品を選びましょう
・クレンジング後に乾燥しにくい「クリームタイプ」がおすすめです
・正しい使い方でクレンジングをしましょう