洗浄のスキンケア

お肌を清潔に保つ

洗浄によってお肌を清潔に保つことからスキンケアは始まります

「洗浄」は皮膚上の汚れを落とし、皮膚を清潔に保つためにおこなうスキンケアです。
皮膚上の汚れには、酸化した皮脂、汗、古い角質や、皮膚に付着したほこりなどがあります。化粧水やクリームなどの保湿剤、日やけ止め(サンスクリーン剤)、メイクアップ化粧品なども時間とともに汗や皮脂などと混じり、皮膚にとって不要な汚れになります。皮膚の汚れはお肌への刺激となり、お肌が敏感になったり、乾燥やにきびなどのトラブルが気になるお肌に悪影響を及ぼすこともあります。洗浄によってお肌を清潔に保つことが大切です。
洗浄にはクレンジング料(メイク落とし)によるクレンジング、洗顔料による洗顔、全身用洗浄料(ボディソープなど)によるからだの洗浄やシャンプーによる洗髪などがあります。これら洗浄にもちいるものを総称して洗浄剤とよびます。

敏感肌のための洗浄剤とは

敏感肌のための洗浄剤とは

洗浄は皮膚上の汚れを落とすことができますが、その一方で、お肌にとって大切なものまで取りのぞいてしまうことがあります。たとえば皮膚のバリア機能を維持するために必要な皮脂や細胞間脂質が取りのぞかれると、お肌は乾燥しやすくなります。
敏感肌や乾燥肌の方は汚れをきちんと落とすだけでなく、お肌へのやさしさを考えた洗浄成分で、細胞間脂質などの皮膚にとって大切な成分は落とさないような洗浄剤を選ぶことが大切です。さらに泡立ちや洗い流しのしやすさ、洗い上がりの気持ちよさなどの使用感の良さも合わせもった洗浄剤がおすすめです。

敏感肌のための洗浄剤に大切なこと

  • ・お肌の汚れをきちんと落とすこと
    ・お肌へのやさしさを考えた洗浄成分
    ・使用感が良いこと(泡立ち、洗い流しのしやすさなど)
    ・お肌のうるおい成分を残すこと

洗浄剤の種類

落としたい汚れの種類やお肌の状態に合わせて適した洗浄剤を選択し、適切な使用方法で洗浄することでお肌に負担の少ない洗浄ができます。洗浄剤は、メイクアップ化粧品などを落とすクレンジング料(メイク落とし)と、皮脂やほこりなどを落とす洗顔料や全身用洗浄料、ヘアシャンプーなどに分けられます。

使用方法

正しいお手入れ方法でお肌にやさしいスキンケアをおこないましょう。

保湿のスキンケア へ