今ならスキンケアシリーズ、メイクシリーズ本商品購入のお客様にメイクサンプルをお付けしております!

紫外線について

紫外線について

紫外線とは

紫外線(UV:ウルトラバイオレット)とは

紫外線(UV:ウルトラバイオレット)とは

紫外線は太陽光線の一部です。波長が短いために目には見えませんが強いエネルギーをもっています。波長によってUV-A(長波長)・UV-B(中波長)・UV-C(短波長)に分かれます。地上にはUV-AとUV-Bが到達します。特にUV-Bに強い作用があります。

 

じょうずにつき合おう紫外線

ほかに、皮膚疾患の治療に用いられます。

 

ほかに、皮膚の老化・皮膚がん・光アレルギーなど皮膚のトラブルを引き起こします。

紫外線(UV)のパワー

一日の紫外線強度変化(夏冬の比較)

日常で浴びる紫外線

 

紫外線からお肌をじょうずに守りましょう。

一年のうちで紫外線がもっとも強くなるのは4月から9月頃、時間では10時から14時の間です。レジャーだけでなく、日常生活で浴びる紫外線も要注意です。

 

反射にも要注意

路上

ビーチの砂浜

スキー場の雪

皮膚と紫外線

皮膚は紫外線(UV)と戦っています


皮膚が黒くなるのはなぜ?

メラノサイトでは、アミノ酸の一種のチロシンにメラニン生成酵素チロシナーゼが作用し、最終的にメラニンがつくられます。メラニンはUVを吸収して、皮膚へのダメージを少なくするように守っているのです。UVがあたると、この反応が強くなり、色素沈着(黒くなる)を起こします。

紫外線(UV)対策

しっかり、きっちり、紫外線(UV)対策

外出時にはつばの広い帽子や、長袖の洋服でしっかりガードしましょう。
日やけ止めクリームはムラなくつけましょう。

日やけ止めの知識

表示例:SPF50+ PA+++ 紫外線カット効果のめやす

SPF:
UV-B(短時間で皮膚に赤み・炎症を起こし、黒化しやすい)からお肌を守り、日やけを防ぐ効果を示す指数です。数値が大きいほどUV-B防止効果が高くなります。

PA:
UV-A(一時的な黒化を引き起こし、長時間かけてお肌の弾力を失わせる)からお肌を守る効果の程度で、「+」「++」「+++」「++++」の4段階で示します。+の数が多いほど、UV-A防止効果は高くなります。

日やけしたらきちんとケア

ぬれたタオルなどで冷やします。

お肌にあった保湿ローションやクリームで乾燥予防。

炎症がひどい場合は皮膚科の先生に相談しましょう。


日やけ

日やけ(赤くなること)は皮膚の細胞遺伝子(DNA)にたくさんの傷をつけます。表皮基底層にある角化細胞(基底細胞)はつぎつぎと新しい仲間を増やし、皮膚表面の角層へ送り出しますから、基底細胞のDNAの傷は元通りに治されなければなりません。しかし繰り返し多数の傷がつくと、時には修復を間違い、突然変異ができます。細胞の増殖に関連した遺伝子DNAに間違いが生じると、がんへの一歩となります。日やけは美しく一見健康的な小麦色のお肌をつくりますが、DNAに傷をつけてしまうのですから皮膚には有害なわけです。幼児期から無駄な日やけをしない工夫と努力が成年・老年期に若々しいお肌を保つ秘訣です。

ノブの基本スキンケアライン

肌あれ・乾燥が
気になる敏感肌に

いつも刺激を
受けやすい敏感肌に

敏感なお肌のための
高保湿エンジングケア

機能重視の
積極にきびケア

大人のにきびを
やさしくケア

洗浄・保湿の
シンプルにきびケア