HOME > ニュース一覧 > 【2017年2月7日】コスメブランド『舞妓はん』より、唇と頬の血色感をアップさせるクリームタイプの「リップ&チーク」春の新色 限定発売

ニュース

このページを印刷する

【2017年2月7日】コスメブランド『舞妓はん』より、唇と頬の血色感をアップさせるクリームタイプの「リップ&チーク」春の新色 限定発売

飴のような自然な艶めきとジューシーな発色。桜の季節に合うポップでキュートな3色

2017年2月7日、ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)は、コスメブランド『舞妓はん』より、クリームタイプのリップ&チーク「練紅」(全3色/07、08、09)を限定発売いたします。
 
『舞妓はん』は、日本の伝統化粧の技と心を活かしながら、現代女性が共感できるリアリティや質感を融合させたブランドです。
「舞妓はん 練紅」は、唇と頬に使える1つで2役の「リップ&チーク」です。2015年9月に3色(01、02、03)を限定発売して以来好評をいただき、このたびは企画第3弾の春季限定3色(07、08、09)を発売いたします。
指の温度でとろけてさらりと伸び、指でぼかすだけで濃くも淡くも色づけが自在なクリームタイプです。仕上がりは、さらっとしたセミマットな質感。お肌にぴったりフィットして、美しい発色が長持ちします。
桜の季節にぴったりの3色で、唇と頬におそろいの血色感。ぽわっと色づいて上気したような肌を演出します。



(写真左から)サナ 舞妓はん 練紅  07、08、09 (全3色) 各900円(税抜)

―日本人の肌に合う、旬な和色―
07 さくらんぼ飴  ほんのりレッドよりのピンク色。可愛らしい印象に。 
08 みかん飴     日本人のお肌になじみやすい、ほんのりピンクがかったオレンジ色。自然な血色感アップ!                                 
09 うめ飴     発色の良い梅の花のようにピンクよりのコーラル色。女らしくオシャレな印象に。


〔 商品特長 〕 舞妓はんシリーズのポイント

<ポイント1> おぼこい肌に欠かせない血色感をアップ

〔唇と頬におそろいの血色感を忍ばせる1つで2役のリップ&チーク〕
●指の温度でとろけるなめらかタッチ
リップ:唇そのものの色が美しく見える日本人の肌に合った美しい発色です。
チーク:頬に指で簡単にぼかすだけで、濃くも淡くも好みの発色に仕上がります。

<ポイント2> 伝統化粧の技と心を活かした高機能で丁寧なものづくり

〔べたつかない&落ちにくい〕
●さらっとセミマットな質感でべたつかず、重ねても自然な仕上がりです。
●お肌にぴったりフィットして、美しい発色が長持ちします。
さらに、
●つけている間もしっかり保湿
美容液成分配合で、つけている間もしっかりと保湿します。 
桜の花エキス(サトザクラ花エキス)、シアバター(シア脂)、スクワラン ※全て保湿


舞妓はんイメージモデル 花凛さん



 【ブランドサイト】
舞妓はんブランドサイト >> http://www.sana.jp/maikohan/


【販売店】
全国バラエティショップ 等
※当商品は、発売日より上記のブランドサイトからもお買い求めいただけます。